「SGI」カテゴリーアーカイブ

第41回「SGIの日」記念提言を読みました。

第41回「SGIの日」記念提言 「万人の尊厳 平和への大道」が掲載されています。
今回の提言で強調されているテーマは「人権」「環境」「平和」と感じました。

人権という概念自体、無我を説く仏教とは相いれないなどという言説もあるそうですが、創価学会では「人間の生命は無上の宝」という部分が強調されており、人権思想との齟齬は全くありません。
 
 
 
提言の中で、2013年に、創価学会インターナショナル(SGI)がアムネスティ・インターナショナル、人権教育アソシエイツなどほかの団体とともに「人権教育2020」という市民社会ネットワークを立ち上げたことが紹介されていました。

簡単に調べて見つけられた日本語の文献は、これだけでした。残念。
INPS Japan|人権教育を推進するHRE2020

本家サイトはこちら。HRE2020 Grobal Coalition for Human Rights Education
人権教育がより円滑に進められるよう、市民社会からサポートするための組織のようです。
大変大事な取り組みだと思います。
 
 
 
「環境」「平和」についても、単に「地球を大事にしましょう」とか「戦争は良くない」とか言ってるのではなくて、より具体的に、どうしていくことで環境問題、戦争を解決の方向へ向けていくのか、そのためにSGIとしてどう取り組んでいくのか、ということが明解に書かれています。
会員もアンチの方も、必読の内容と思います。
なぜアンチの方はこんな大事なものを読んで下さらないのでしょうか。(長いからしんどいのかな……。)

私の考える正しいアンチのあり方は「池田大作はこう言ってるのに、お前ら全然やってることが違うじゃねぇか! 『徹して一人一人を大切にする』んじゃねぇのか!」です。もう、どんどん言ってやって。
 
 
 
私は「SGIの日」記念提言にこそ、池田思想の真髄が垣間見えると思っています。
仏法を単なる観念論で終わらせるのではなく、問題に即して、「日蓮仏法らしく仏法的智慧でどう世界を変革していくのか」という現代的展開の一つの模範解答がここにある
ように思います。

池田先生がご存命で、その模範解答をオンタイムで拝読することができ、人権問題・環境問題の解決に向けて、その実践の一端を担わんと努力できるということはとんでもない幸せなことだなと、この記事を書いていて気づきました。(遅い)

本当に幸せなことに、(本業ではありませんが)人権問題、環境問題の改善につながりそうな仕事に関われています。
明日からまた頑張ります。
この人生を使って、ほんのわずかでも、世界を良くしてみせます。そういう決意です。

イタリア共和国とイタリアSGIが宗教協約(インテーサ)を調印

学会員の間では、イタリアと創価学会が宗教協約(インテーサ)を調印したというニュースは、大変大きな話題になってます。
まずは聖教新聞社の報道。
イタリア共和国とイタリアSGIが宗教協約(インテーサ)を調印

協定宗派の認定を受けたことで、
・イタリアSGIの記念日を祝日にする
・学校で日蓮仏法の宗教教育が出来る
・公共の墓地にイタリアSGI の場所が与えられる
・そして「1000の8条項」(納税者が個人所得税の申告の際に、特定の宗派を選択することにより、申告額の0.8パーセントが当該宗派に配分される)(「イタリアにおける国家とカトリック教会」田近 肇(岡山大学)のp.79でも確認)
が認められる見込みのようです。(議会の承認はまだっぽい感じです。2015/8/3追記)
 
なお、宗教協約(インテーサ)とかいうから、その単語で調べても創価学会関連の記事しか出てきませんが、文化庁の資料(海外の宗教事情に関する調査報告書 資料編4 イタリア宗教関係法令集)その他の資料を見る限り、政教協約(ヴィッラ・マダーマ協約)と書かれていることが多いようです。
(「政教」という単語から「政教一致」を連想していちゃもん付けてくる人が多くなりそうだったから、学会側は避けたんですかね。)
 
特定の宗派を、いうなればえこひいきする内容の協約ですから、Twitterとかでは「日本なら憲法違反」とか言って文句言ってる人いますね。
ちなみにヴィッラ・マダーマ協約の前は、法律上「カトリック教がイタリア国家の唯一の宗教である」とされていた(ソースは文化庁の「海外の宗教事情に関する調査報告書(平成20年3月)」のp.149)わけで、そういう感覚の国のことを素人が自分の国の憲法でとやかく言うの、ちょっと違う気がします。
 
さてこの協約、他に認められている宗派は11あるようです。(ソース:国境の南
1.ワルドー派宗教会議(Union of Methodist and Waldensian Churches)
2.イタリア神の会(Assemblies of God in Italy)
3.キリスト教再臨派連合(セブンスデー・アドベンチスト教会のこと? Seventh-day Adventist Church)
4.イタリアユダヤ共同体連合(Union of Italian Jewish Communities)
5.イタリアキリスト教福音主義パブテスト派連合(Baptist Evangelical Christian Union of Italy)
6.イタリア福音主義ルター派教会(Lutheran Evangelical Church in Italy)
7.イタリア・南ヨーロッパ太守管区正教聖大司教区(Greek Orthodox Archdiocese of Italy)
8.末日聖徒イエス・キリスト教会(モルモン教、The Church of Jesus Christ of Latter-day Saints)
9.イタリア使徒教会(Apostolic Church in Italy)
10.イタリア仏教徒連合(Italian Buddhist Union)
11.イタリアヒンズー教徒連合(Italian Hindu Union)
 
で、先ほどの文化庁の「海外の宗教事情に関する調査報告書(平成20年3月)」のp.150をみると、
 
イタリア政府との取極が法律で承認された宗派
1 ワルドー派
2 セブンスデー・アドベンチスト教会
3 神の集会
4 ユダヤ教連合
5 福音主義バプチスト連合
6 福音主義ルター派教会
 
イタリア政府との取極の法律による承認待ちの宗派
1 イタリア仏教徒連合
2 エホバの証人
 
イタリア政府と取極締結交渉中の宗派
1 末日聖徒イエス・キリスト教会(モルモン教)
2 イタリアの使徒教会
3 南部ヨーロッパ管区イタリアの正教会
4 イタリア・ヒンズー教徒連合
 
と書かれています。
あれ? エホバの証人消えてるよ?
BBCの2000/3/20の報道見たら「認めた」って報道してるみたいなんですけどねぇ。
最後に
「The Italian parliament still needs to ratify the agreement.」
って書いてあるんで、政府は認めたけど議会が認めなくて
「承認待ち→立ち消え or まだ承認待ち」
なんでしょうか?
wikiのノートみても、BBCの記事のことしか書いてなくて、その後どうなったかは書いてませんでした。
まだ承認待ちだとしたら、長くね?
 


 
しょうがないから英語でソース探索。
ありました。
WIKIPEDIA Eight per thousand
「In addition an agreement has been signed with the Jehovah’s Witnesses, but it has not yet received parliamentary ratification.」
やっぱまだ議会で承認してくんないみたいです。
まぁ、仕方ないかもね…。カルトだもん…。