「池田先生の著作に触れて」カテゴリーアーカイブ

第41回「SGIの日」記念提言を読みました。

第41回「SGIの日」記念提言 「万人の尊厳 平和への大道」が掲載されています。
今回の提言で強調されているテーマは「人権」「環境」「平和」と感じました。

人権という概念自体、無我を説く仏教とは相いれないなどという言説もあるそうですが、創価学会では「人間の生命は無上の宝」という部分が強調されており、人権思想との齟齬は全くありません。
 
 
 
提言の中で、2013年に、創価学会インターナショナル(SGI)がアムネスティ・インターナショナル、人権教育アソシエイツなどほかの団体とともに「人権教育2020」という市民社会ネットワークを立ち上げたことが紹介されていました。

簡単に調べて見つけられた日本語の文献は、これだけでした。残念。
INPS Japan|人権教育を推進するHRE2020

本家サイトはこちら。HRE2020 Grobal Coalition for Human Rights Education
人権教育がより円滑に進められるよう、市民社会からサポートするための組織のようです。
大変大事な取り組みだと思います。
 
 
 
「環境」「平和」についても、単に「地球を大事にしましょう」とか「戦争は良くない」とか言ってるのではなくて、より具体的に、どうしていくことで環境問題、戦争を解決の方向へ向けていくのか、そのためにSGIとしてどう取り組んでいくのか、ということが明解に書かれています。
会員もアンチの方も、必読の内容と思います。
なぜアンチの方はこんな大事なものを読んで下さらないのでしょうか。(長いからしんどいのかな……。)

私の考える正しいアンチのあり方は「池田大作はこう言ってるのに、お前ら全然やってることが違うじゃねぇか! 『徹して一人一人を大切にする』んじゃねぇのか!」です。もう、どんどん言ってやって。
 
 
 
私は「SGIの日」記念提言にこそ、池田思想の真髄が垣間見えると思っています。
仏法を単なる観念論で終わらせるのではなく、問題に即して、「日蓮仏法らしく仏法的智慧でどう世界を変革していくのか」という現代的展開の一つの模範解答がここにある
ように思います。

池田先生がご存命で、その模範解答をオンタイムで拝読することができ、人権問題・環境問題の解決に向けて、その実践の一端を担わんと努力できるということはとんでもない幸せなことだなと、この記事を書いていて気づきました。(遅い)

本当に幸せなことに、(本業ではありませんが)人権問題、環境問題の改善につながりそうな仕事に関われています。
明日からまた頑張ります。
この人生を使って、ほんのわずかでも、世界を良くしてみせます。そういう決意です。

創価学会の幹部のあり方

新・人間革命の勝利島4に「学会の幹部は、仏子である会員の方々に仕え、皆が幸福へ、一生成仏へと進めるように、応援し、手助けしていく立場である。未来にわたって、これが、学会の役職の考え方でなければならない。苦労して広宣流布を担う立場であるからこそ、幹部として信心に励む功徳、福運は大きいのである。」とありました。
「仕え」るんですよ。
偉ぶったり、命令したり、上からものを言ったりするのは先生の指導に反するわけです。
また、一人で信心していたらできない苦労をさせていただくことによって、功徳を頂ける、そういう立場なわけですから、感謝の気持ちで取り組まないといけない。
愚痴だらけで活動したって功徳なんてあるわけないですよね。
人間として成長してないですもん。
(逆に言えば、最大の功徳が「人間としての成長(人間革命)」であるわけですが…)
 
「無理と信心強盛は別」という先生の指導もありますので、健康第一で、無理は慎むべきですが、根本はそういう姿勢でなければならないと思います。
 
逆に、幹部は自分の振舞でもし、会員さんが学会から離れてしまうようなことがあったらとんでもないことだ、と自分を常に振り返らなければいけないと思います。
その中で浅ましい傲慢な振舞は消えていき、人間として成長することができるのだろうと思います。
 
新・人間革命の勝利島5には「山本伸一は、幹部との人間関係で活動から遠ざかってしまったという話を聞くたびに、激しく胸が痛んだ。」とあります。
池田先生が学会の幹部に対してかなり厳しい叱咤をされる、というのは有名な話ですが、それはその胸の痛みから来ているのだろうと思います。
尊い会員を守らなければならない、幹部に悪業を積ませてはならない、その責任感が、そうさせるのではないでしょうか。
 
「学会の役職は責任職」、本当にその通りと思います。

「他者への貢献」と「意味づけ」


2015年の「『SGIの日』記念提言」に、
「人生はやり直せない。しかし、その歩みを他の人に『語り直す』ことで、過去の出来事に新たな意味づけを行い、『練り直す』ことができる。」
とありました。
本当にその通りだなと思います。
どんな出来事にも、「他者への貢献」という視点があれば、プラスに変えていくことができる。
 
例えば、犯罪に手を染めてしまったとしても、カルトに騙されて青春を無駄にしてしまったとしても、「他者への貢献」という視点があれば、なんらかの意味づけができる。
空き巣のプロだった人は、空き巣被害防止のプロになれるでしょう。
カルトの元信者でなければ救えない方もたくさんいるでしょう。
これは極端な例かもしれませんが、一事が万事と思います。




つい先日、少年A 神戸連続児童殺傷事件加害者の手記が発売されました。
遺族に(おそらくは出版に反対されるから)確認もせずに発売した経緯から見て、あれは「他者への貢献」という視点で書いたものではないと断じていいでしょう。
したがってあれは「意味づけ」からはほど遠いものと思います。

勉強しなければ

 今日の聖教新聞の池田先生の随筆で「勉学即実践、実践即勉学の鍛錬の中で、人類を照らす創価の英知を磨き上げていただきたい。」とありました。
創価学会をカルトだと言いたてる方がたくさんいらっしゃいますが、私の知る限り、カルト集団は外のことを勉強させようとはしません。
物を知らないままにしておいた方が、コントロールしやすいからです。
一方、池田先生は学園生に対し、常に「人類のために勉強しろ」と語り続けてこられました。
「創価学会のために勉強しろ」とか「私のために勉強しろ」とは一度も言われたことがありません。
「日蓮大聖人の御書だけを勉強していればよい」などということも絶対に言われません。
 創価学会の刊行物のみを勉強しているのみでは、先生の弟子として失格、とも言えます。
それでは現実社会での「実践」の役には立たず、先生のお心に応えたことには決してならないからです。
 御書や先生の指導に学びつつ、現実社会に活かせる勉学を続け、実践からさらに学ぶ中に、弟子としての道があるのだと思います。
まだ出来ることがある。
夜も更けてきましたが、まだまだ今日も楽しく頑張りたいと思います。

ぐっときました。

今日の聖教新聞の新人間革命「求道13」に、「人は、求道心を失った時、信心の向上は止まり、慢心に侵され始める。仏法者とは、永遠の求道者であらねばならない。そこに、人間革命の道があるのだ。」とありました。
これはぐっときましたね。
特に「永遠の」というところ。
自らの臨終の時にあたって、(仏法に限らず)「来世でも頑張るぜ!」と思えるかどうか。
思えたらその人の人生は勝ちですよね。
 
慢心にたぶらかされた人生は醜いものです。
謙虚に学び、求道を続ける人には、何もしなくても自然に周囲の人々を奮い立たせる力があるように思います。
前者が「来世も頑張るぜ!」と思えるか。
難しいのではないかと思います。
他人と比べて自分がどうか、という相対的な価値観でしか生きていないからです。
対して後者は容易に「来世も頑張るぜ!」と思えるでしょう。
その決意に他人は関係なく、絶対的な価値観で生きているでしょうから。
 
私は今30代後半ですが、あと50年くらい生きるとして、瑞々しい求道心を持ち続けられるかどうか。
すでに現時点で瑞々しいかどうかは微妙かもしれませんが、まだまだだからこそ、求道心を日々磨いていきたいと思います。
そして、「永遠に」求道を続けたいと思っています。
信仰はその道を明るく照らしてくれているように思えます。
無宗教の方を馬鹿にするわけでは決してありませんが、やはり人生の規範がないと、どうしても「道」がどこにあるか分からなくなりがちで、迷ってしまうことも多いのではないでしょうか。
信仰の本当の効用の一つは、まさにこういったところにあるのではないかと思っています。