「未分類」カテゴリーアーカイブ

楽をするための信仰ではない

最近、僕なんかよりもずっとちゃんと活動とか勤行・唱題をしているであろう方々の悩みを聞く機会がありました。
皆さん、本当に大変。
お気楽で楽しいだけの人生を生きてる人なんていませんでした。
でも、それってよく考えたら当たり前のことかもなと思います。

僕らが何のために進行しているかと言えば、絶対的幸福=一生成仏(今世のうちに仏になること)なわけですよ。
「仏になる」って大変なことなんですよね。爾前経(法華経以前の教え)的には、菩薩が歴劫修行を経て、ようやくなれる(あるいは現実的には無理)のが仏なわけで、そう簡単になれるわけがない。
間違っても、お気楽に遊んでたらなれる、なんてイージーなもののはずがないわけです。

大変だからこそ修行になる。
こういうことを言うと、「功徳が実際にはないことを隠すためのレトリック」とか、そういうことを言い出す方がいやしないかと思うわけですが、「祈ったら叶った」とかいうある意味で皮相的で分かりやすい「功徳」は、信心の序盤で経験済みなわけです。
一定のところまで行くと、もうそういう次元での信仰はしなくなります。
悪戦苦闘の現実の中で、いかに自身を錬磨し、境涯を高められるか、生命を鍛え上げられるか、そして自他ともの幸福を勝ち取れるかという「勝負(=修行)」をしているわけで、「ちゃんと信心しているのに楽ができないのはどういうことか」などと疑問を持つのは、むしろ「ちゃんと信心」できていない可能性すらあるように思います。

「修行」というと、一般的にはなにか出家して瞑想と読経と教学に浸ることのようなイメージがあるように思えます。人によっては激しい荒行などもイメージされるかもしれません。
しかし、御書(日蓮大聖人のお手紙)には「出家しなければ修行はできない」などとは書いていません。むしろ、健気に現実と格闘する在家信者たちを、最大に讃嘆されているように思います。

目の前の苦しい現実を、どう活かして次に進むのか、その苦闘こそが修行。
僕も頑張ります。

リニューアルしました

サイトをリニューアルしました。
コメント機能も復活しました!
承認するまで表示はされませんが、何かあれば是非投稿をお願いします。
アンチの方でも、理性的な批判、質問等には極力お答えしようと思っています。
なおその場合、私個人の考えであって、組織の公式発表とは違う可能性は十二分にある、ということはご承知いただければと思います。

於保哲外先生のセミナーの話を読んでなるほど。

ネット上でふらふらしていたら、こんな記事に出くわしました。
読んで、なるほどなーと思いました。
たしかに「取引」みたいな気持ちで信心してて元気になるはずないなーと思います。
また、感謝の気持ちで唱題すると、モリモリ元気になったりします。
やるな於保先生。
僕がセミナーさせていただくときのネタの一つにできるまで、自分の中で消化できるかどうかが勝負ですね。
命を使うと書いて「使命」。
しかし喜んでいなければいけないと。
義務感はあってはならず、あるべきは責任感。
人生も信心も楽しくないといけませんね。
無理と信心は違う。
自分を殺さなくてはならないほどには頑張らないことも大事なのかも。
うつ病になったら何のために信心したのかわかりませんからね。
「成長できる」と捉えられる範囲で、全力で頑張ることが大事、ともいえるでしょうか。

公明党の最大の失策、イラク戦争加担

多くの方が書かれているように、公明党がかつてイラク戦争に加担したのは事実と思います。
当時私は「野党ではないから安易に『反対』とは言えない、厳しい立場なのだろう」「政治は是々非々。政策は常に他者との妥協で決まるもの」「大量破壊兵器も恐ろしいし」などと漠然と思っていましたが、私の親しい友人は、創価学園・創価大学出身でありながら、あるいは出身だからこそ、堂々と抗議デモに参加しておりました。
今の私であれば、デモに必ず参加すると思います。
あれはあってはならない失策でした。
何百年経っても消せない汚点と思います。
 
 戦争では何も解決できないということは、以前から創価学会の中で、池田先生の指導として何度も学んできました。
今のイラク、アフガンを見れば、それが正しかったことが分かります。
何故こんなバカげた失策が起きたのか、真相はおそらく10年、20年してから分かるのでしょう。
その時を待ちたいと思います。
(アメリカからの圧力に屈しただけ、なんてことかもしれません。)

(2012/9/20修正)
この記事に対するコメントで大河さんに誤りを指摘していただきまして、この記事の内容は誤りと分かりましたので修正させていただきます。
コメントにも書かせていただきましたが、小泉元総理がイラク戦争をすぐさま指示したことに対し、当時の神崎代表が「やむを得ない」と発言したことをもって世間では「容認」ととられ、自衛隊派遣をもって「戦争賛成」ととられているということが分かりました。
そこから先はネット住民によるイメージのみの伝聞拡散と。
学会側の声が小さすぎますね。

このブログの目的

はじめまして。
私は忙しさにかまけてあまり活動できていない創価学会員(創価中学・高校出身)です。

 ネットを見ていますと、いろいろなところで創価学会に対する意見を見ることができます。
批判的なものも少なくありません。
しかし一方で、聖教新聞(創価学会の機関紙)や池田大作先生の著作を読みますと、「なるほど、もう一回がんばっていい人生にしていこう、社会に貢献しよう!(必ずしも他の人に信心してもらおうということに限らない)」と決意できます。
ご本尊に向かって題目(南無妙法蓮華経)を唱えれば、すがすがしい気持ちになって、大変気合が入ります。
私など、5分か10分題目を上げるだけで、直後に「よっしゃぁ! やったるで!(繰り返しになりますが、必ずしも折伏(他の人に信心を勧めること)を頑張るということではなく、人生をがんばって生きていくぞ、という意味です)」となります。
ただ大きな声で歌を歌うのとは根本的に何かが違います。

 創価学会に批判的な意見をお持ちの方々は、身近な学会員のせいでイヤな気持ちにさせられたことがあるか、そういう話を聞いたことがある、という方々かと思います。
そういう方々にとって、池田先生が数々の学術称号を授与され、世界中で顕彰されていることが理解不能なのではないかと思います。
そこで、いきおい、「学術称号を金で買っている」などという週刊誌の俗っぽい記事(よく読むとそうほのめかしているだけで根拠は一切ない。断定もしていない)を信じてしまうことになるわけです。

 池田先生は日ごろから、「学会員は常識豊かでなくてはいけない」とおっしゃっており、非常識な行動は慎まなければいけないというメッセージを出されています。
それを、受け取らずに暴走してしまう人がいるのも事実です。
本来は、学会の幹部の人がそういう暴走を止めなくてはいけないはずなのですが、本人は純粋な気持ちでやってたりするので止めづらいのかもしれません。
でも、暴走は止めなくてはいけないと思います。
そうしないと、結果的に学会の信仰や池田先生が誤解されてしまうからです。
あえて学会員的な言い回しでいえば、「法をさげる」ことになってしまうと思うのです。

 池田先生は以前から、ご自身が師匠である戸田先生に「今の学会は嫌いだ」といったことがあり、戸田先生に「ならば自分の好きな学会に変えなさい」と言われた、というお話を何度もされています。
それを「すばらしい、今の学会があるのは池田先生のおかげだ」と聞いているのでは、弟子として不十分と私は思います。
池田先生の意図は、「今の学会は(組織である以上、常に)不完全。若い世代のあなたたちが、至らない部分は修正していきなさい」ということではないかと私は思うのです。

 正直に申し上げて、私はバリバリの学会員というわけではありません。
学会活動に関しては、休眠状態に近いと申し上げて過言ではないと思います。
そして、ハンドルネームでこんなことを書いている時点でビビリです。ヘタレです。
でも、こんなことを考えている学会員もいるんだな、というのを知っていただくだけでも、意味があると思うのです。
それがこのブログの目的です。

 非定期で更新していきます。
よろしくお願いいたします。