saiunsaiun のすべての投稿

第41回「SGIの日」記念提言を読みました。

第41回「SGIの日」記念提言 「万人の尊厳 平和への大道」が掲載されています。
今回の提言で強調されているテーマは「人権」「環境」「平和」と感じました。

人権という概念自体、無我を説く仏教とは相いれないなどという言説もあるそうですが、創価学会では「人間の生命は無上の宝」という部分が強調されており、人権思想との齟齬は全くありません。
 
 
 
提言の中で、2013年に、創価学会インターナショナル(SGI)がアムネスティ・インターナショナル、人権教育アソシエイツなどほかの団体とともに「人権教育2020」という市民社会ネットワークを立ち上げたことが紹介されていました。

簡単に調べて見つけられた日本語の文献は、これだけでした。残念。
INPS Japan|人権教育を推進するHRE2020

本家サイトはこちら。HRE2020 Grobal Coalition for Human Rights Education
人権教育がより円滑に進められるよう、市民社会からサポートするための組織のようです。
大変大事な取り組みだと思います。
 
 
 
「環境」「平和」についても、単に「地球を大事にしましょう」とか「戦争は良くない」とか言ってるのではなくて、より具体的に、どうしていくことで環境問題、戦争を解決の方向へ向けていくのか、そのためにSGIとしてどう取り組んでいくのか、ということが明解に書かれています。
会員もアンチの方も、必読の内容と思います。
なぜアンチの方はこんな大事なものを読んで下さらないのでしょうか。(長いからしんどいのかな……。)

私の考える正しいアンチのあり方は「池田大作はこう言ってるのに、お前ら全然やってることが違うじゃねぇか! 『徹して一人一人を大切にする』んじゃねぇのか!」です。もう、どんどん言ってやって。
 
 
 
私は「SGIの日」記念提言にこそ、池田思想の真髄が垣間見えると思っています。
仏法を単なる観念論で終わらせるのではなく、問題に即して、「日蓮仏法らしく仏法的智慧でどう世界を変革していくのか」という現代的展開の一つの模範解答がここにある
ように思います。

池田先生がご存命で、その模範解答をオンタイムで拝読することができ、人権問題・環境問題の解決に向けて、その実践の一端を担わんと努力できるということはとんでもない幸せなことだなと、この記事を書いていて気づきました。(遅い)

本当に幸せなことに、(本業ではありませんが)人権問題、環境問題の改善につながりそうな仕事に関われています。
明日からまた頑張ります。
この人生を使って、ほんのわずかでも、世界を良くしてみせます。そういう決意です。

「幸福の科学」について

最近電車の広告でよく見かけるので、ちょっと気になって調べてみました。
たまに職場に幸福の科学の宣伝がポスティングされてるんですけど、アニメすごいですね。
とりあえず声優さんがすごい豪華。
(ネットの情報を信じれば、どうもギャラがすごいいいらしいです。
声優さんたちが幸福の科学の信者さん、というわけではないらしくてちょっと安心しました。)

まぁ、ちょっと調べて分かったことは、
・教祖絶対視
・予言で不安をあおりまくって会員をマインドコントロール
という典型的なカルト教団のように見えます。

予言は外れているようです。
大川隆法くんのウソがツイに判明! マレーシア航空機事故!
Wiki|マレーシア航空370便墜落事故

参考サイト
真実を語る
混ぜるな危険! ブログ・サンポール
やや日刊カルト新聞
告発系ブログ一覧

まぁなんというか、ツッコミどころ多すぎてしんどい。
信じてらっしゃる方々はよほどのお人よしなんでしょうか……。
調べる前からうすうす気づいてたけど、時間を無駄にしてしまった気分です。
周りに幸福の科学の信者さんが出てきたらまたちゃんと調べようと思います。

「ものみの塔」という組織の欺瞞

調べ物をしていて、ふと行き当たった記事。
司法教育に関するべテルの偽善(12年前に投稿した文章)|弁護士による「エホバの証人」観察ブログ
多くの信者に大学へ行かないよう勧めておきながら、一方で弁護士の育成だけは熱心に進めているという話。
訴訟が多いから弁護士がたくさん必要、ということなのでしょうか。
大多数の信者を扱いやすい無知な状態にしておいて、いざというとき(もしかしたら対外部だけでなく、対内部の法廷闘争?)のための武器は手に入れておこう、という組織のエゴのように見えてしまいます。
ベテル奉仕者(創価学会で言うところの本部職員と言っていいと思います)になるために全てをなげうつ人が多くいる一方、実際になっている人は学歴とコネでなっている、という話も出ていて、とても切ない気持ちになります。

私には何人か創価学会の本部職員の友人がいますが、少なくとも私の知る限り、「本部職員になるためなら全てをなげうっても悔いのない『あこがれの』職業」などというものではないように思います。
(私の個人的な見解では)一種の出家であって、重い責任と覚悟を必要とするのは確かですが、「あこがれ」感は全くないです。
創価大学出身の優秀な学生、信仰心の篤い学生が本部職員になっていくイメージ。
それが完璧というわけでもないかもしれませんが、比較的望ましい組織の在り方かなと思います。

私が話をさせていたエホバの証人の方々は皆さん真面目で優しい人ばかり。
その信仰自体が悪であるとは到底思えませんし、素晴らしい部分もあるに違いありません。
創価学会でも、教えには高低浅深の差があるとしていますが、突き詰めていけばみな仏法に通ずると考えています。

それでも、ものみの塔という「組織」が大きな欺瞞を抱えているというのは間違いなさそうに見えますし、それが信者の方々を不幸にしているのであれば、糾弾されてしかるべきだろうと思います。

エホバの証人情報センター保管庫 JWIC.INFO
こちらも参考までに。

学ばずは卑し

「学ばずは卑し」という言葉、私はてっきり一般的な言葉かと思っていたんですが、ググってみると池田先生の指導とか創大の話とかしか出てこなくってビックリ。
創価学会の中ではものすごい一般的に使われていて、それこそ老若男女、90歳になっても「勉強はせなあかん」みたいな空気があります。
もちろん日蓮大聖人の御書など、仏法の勉強(「教学」と言います)も「勉強」の中には含まれていることはいますが、圧倒的に一般的な勉強の方を指すことが多いように思います。
 
もちろん創価学会員が全員一生懸命勉強しているわけではなくって、勉強は嫌いだからーとか言ってる人もいます。
でもやっぱり「ホントはしないといけないんだけどねー」とも言うのが普通です。
これって実はすごいことだと思っています。
80歳超えて「学ばずは卑し」とかいう類のこと言ってるクライアント、学会員さん以外ではなかなかいません。
すごいことです。
 
年をとっても「老害」にならない唯一の方法は、勉強することだと思っています。
生涯勉強。
それが、自分にとっても、周囲の人にとっても大事。
がんばろう。
頑張れ、自分。

素晴らしい記事

創価学会と会社―戦後日本の都市にあらわれた「二つのムラ」―|タサヤマ|note(ノート)を拝読しました。
創価学園の関西校の卒業生が書いたもの。
1983年生まれとあるから、32才くらい。
つまり著者は私の同門の後輩なんである。私は東京校だったから知り合いである確率はほぼないが…。
 
記事は大変学術的に書かれていて、論文を読みなれていない方には難しく感じられるかもしれない。
しかし非常に理性的に書かれており、好感が持てる。
信仰体験に基づく「感情」は気持ち良く排除されていて、むしろ意地悪に感じられるくらい。
「功徳」に関しては懐疑的なんじゃないかと思える書きぶり。
 
その分、創価学会の外の人には届きやすいだろう。
内部の人は誹謗されたと感じるかもしれない。実際そういう質問もされたようだ。
 
記事を読んで、なぜ創価学会がかつてのように爆発的に会員数を伸ばすことがないのか、その理由の一端を知ることができたように思う。
 
ただ、

「つまり素直に解釈すれば<生活は貧乏なままかもしれないが、しかしその貧しさを分かち合えたり相談したりできる仲間ができたのでこれを功徳と考える>という生活態度を想像することが出来よう 。でもこれ、なんだかおかしくないだろうか。まるで財宝をもとめて冒険の旅に出て、結局お宝は見つからなかったけれど、振りかえってみればこの冒険をすることでえた仲間たちとの出会いこそが最高の財宝だった、みたいな少年ジャンプ的欺瞞を感じないだろうか。しかし彼らがその体験を持って信仰を継続している以上、誰がなんと言おうとそれが「ご利益」なのであるし、それが彼らの「信仰理由」なのである。
 
 つまり一般に考えられているような創価学会の現世利益主義は、入会の契機にはなったかもしれないが、信仰の継続理由ではなかったわけだ。地方から都会にやってきた下層民たちは、創価学会の活動をするなかでお金持ちにはならなかったかもしれないけれど、すくなくとも人間的なつながりは取り戻すことができた。」

というくだりは、やはり創価学会員としては少しだけ引っかかる。
 
もちろん記事に書いてある通り、「素直に解釈すれば」そう読めるかもしれない。
だが、私から見れば、
・経済的なことも解決されたが、人間的成長など、それを越える功徳を得た
・苦しいと思っていた生活が、そのままで苦しいと感じなくなった
のかもしれないではないか、そういう体験談も多いではないか、と思える。
私だって、親のせいで保証人と返す借金とで合計3億円の負債を背負ったが、信心で乗り越えて今は3千万くらいまで負債を減らした。
一般的な価値観では経済的なことが一番の功徳と見えるかもしれないが、私は「今の生き方を得たこと」が一番の功徳と思っている。
 
「入会した理由」の回答は複数回答可なのに、「御利益」は一つしか選べない、という設定なのもよくない。
(彼の研究ではないから、彼に瑕疵はない。)
 
しかし一方で、彼のように書いてしまった方が外部にはウケがいいのは分かる。
少なくとも、学術的には彼のように読むのが「素直」だろう。
また、「創価学会=現世利益主義」というテンプレ批判に対する答えとしては、つけ入る隙を与えていないという点で素晴らしい。
 
記事に書かれている通り、学会がムラを作ったというのは本当だと思う。
また活動の中で、いい面も悪い面も含めて、ムラ的メンタリティが残っているなぁと感じる時もある。
 
彼は安保法制にも反対であるようだ。
(かく言う私も立憲主義に反する言説には反対である。)
いろいろな意見が出てこないような組織は硬直化し、必ず滅びる。
彼にはもっともっと頑張っていただきたい。
組織は人が作っているものである以上、完璧であることなどあり得ない。
常に刷新されていかなければ、淘汰されてしまう。
 
このような記事が、創価学会内部的にはエリートとされる学園生によって書かれていることに注目していただきたい。
「広く学び、自分の頭で考える」ことを教育されてきたからこそ、このような記事が書かれている。
創価学会を洗脳集団のように言う方をたまに見かけるが、それは現状を正しく認識していない妄言であると断じることができる。

毒気にあてられた

今日は久しぶりに人の毒気にあてられましたねー。
まぁこちらにも落ち度はあったんでしょうが、あれはないわー。
唱題と音楽でようやく回復。
何かあっても、その縁に紛動されず、もとの生き方に戻ることができる、ということも信仰・祈りの効用の一つではないか、と思いますね。
「規範を持つ」とはそういうことだと思います。
それはどの宗教を信仰しているかに関係なくです。
 
その役割を果たせない教義であれば、おそらくそれは宗教の名を騙った偽物(時には単なる商売)なのだろうと思う。

最近思うこと

「一挙手一投足がすべて祈りである」という状態になったときが、仏教徒として、また信仰者として一人前になった時なのかな、と思います。
日々の仕事も生活も勉強も、祈りの発露であるという状態。
精進します。

創価学会の幹部のあり方

新・人間革命の勝利島4に「学会の幹部は、仏子である会員の方々に仕え、皆が幸福へ、一生成仏へと進めるように、応援し、手助けしていく立場である。未来にわたって、これが、学会の役職の考え方でなければならない。苦労して広宣流布を担う立場であるからこそ、幹部として信心に励む功徳、福運は大きいのである。」とありました。
「仕え」るんですよ。
偉ぶったり、命令したり、上からものを言ったりするのは先生の指導に反するわけです。
また、一人で信心していたらできない苦労をさせていただくことによって、功徳を頂ける、そういう立場なわけですから、感謝の気持ちで取り組まないといけない。
愚痴だらけで活動したって功徳なんてあるわけないですよね。
人間として成長してないですもん。
(逆に言えば、最大の功徳が「人間としての成長(人間革命)」であるわけですが…)
 
「無理と信心強盛は別」という先生の指導もありますので、健康第一で、無理は慎むべきですが、根本はそういう姿勢でなければならないと思います。
 
逆に、幹部は自分の振舞でもし、会員さんが学会から離れてしまうようなことがあったらとんでもないことだ、と自分を常に振り返らなければいけないと思います。
その中で浅ましい傲慢な振舞は消えていき、人間として成長することができるのだろうと思います。
 
新・人間革命の勝利島5には「山本伸一は、幹部との人間関係で活動から遠ざかってしまったという話を聞くたびに、激しく胸が痛んだ。」とあります。
池田先生が学会の幹部に対してかなり厳しい叱咤をされる、というのは有名な話ですが、それはその胸の痛みから来ているのだろうと思います。
尊い会員を守らなければならない、幹部に悪業を積ませてはならない、その責任感が、そうさせるのではないでしょうか。
 
「学会の役職は責任職」、本当にその通りと思います。

創価学会とエホバの証人の違い

創価学会とエホバの証人、どこが違うのかを一つ一つ、思いつくままに書いていきたいと思います。
エホバの証人の方々10人くらいとガチで話してから書いてますんで、多分エホバの証人の方々からみても、ある程度納得いく内容になるんじゃないかと思っています。

【カルト性】

創価学会

正直に申し上げて、学会員にもイタイ人は結構な数います。
800万世帯とかいれば、そりゃぁいます。
で、「創価 カルト」とかで検索して出てくるのは、このイタイ人たちのエピソードばかり。
私などが読むと、「これはひどい。なんでもっと人間的にふるまえなかったのか。先生の指導ちゃんと読んでんのか。土下座してこの方(被害者)に謝れ! 池田先生の顔に泥を塗りやがって! 許せん!」と怒りに震えることもあります。
 
また、私自身、残念だなと思う幹部も割と身近にいたりします。
「慈悲」とか口では言ってるけどこの人全然わかってねーなとか、こいつ保身だけじゃねーかとか、こいつ自分の理解を他人に押し付けようとしてるだけの自己満オヤジじゃねぇかとか、先生の「学会員は常識豊かでなければならない」って指導お前どう読んでんの? とか。
もうほんと、そりゃこんだけ人数いればいますよ。
 
でもそれって、「中心者がおかしい」ということとは違うわけです。
創価学会の池田大作名誉会長には
 
・従藍而青(じゅうらんにしょう)の話を通し、弟子に自分を超えろと言い続けておられる(過去記事参照)
・宗教に係わらず名著をたくさん読み、勉学に励み、自分の頭で考え、行動しろと指導されている
・社会の繁栄を築く人材になれと指導されている
他宗教の方と積極的に対談し、多くの対談集も出版されている
 
と、多くの点で一般的なカルト集団の中心者たちとは全く正反対の特徴をみることができます。
 
学会の組織にしても、カルト教団のような細かい生活上の規定などは一切ありません。
拝みさえしなければ、神輿が出るようなお祭りにも参加していいことになっていますし、他宗教の冠婚葬祭にも参加できます。
クリスマスプレゼントを子どもにあげている家も多いでしょう。
そういうところはかなりゆるいです。
 

エホバの証人

さて、「エホバ カルト」で検索すると、圧倒的に統治体(エホバの証人、ものみの塔の中心メンバーたち)がヤバい、という情報が多いわけです。
もちろん、末端の信者の方々の行動が怖かった、というエピソードもあるにはありますが、私などから見ると、「その信者の方々もある意味で被害者だな」と思える事例が多いのです。
 
エホバの証人のカルト性を象徴する特徴は
・もうすぐハルマゲドンが来る、と終末感・不安感を煽って信仰に励ませる
・統治体も人間だから間違うこともある、としながらも、絶対服従を強いる(従わなければ「排斥」)
・「排斥」されれば、コミュニティの人だけでなく、家族とも話ができなくなるという非人間的な制度
・コミュニティの外はサタンの支配下にあるとして、あまり接するな、と教え、情報統制を敷く
・特にエホバの証人をやめた人のブログなどは、絶対に見てはいけないと厳しく言われている
・大学などの高等教育の非推奨(自分の頭で考えると組織を抜けてしまうからと言われている)
・組織から離れる時間・期間を作らせないため、就職を推奨しない
・必然的に貧困状態となるが、何かあればすぐに社会のセーフティネットに頼ることになるため、社会にとって負担になる
・仕事を通して社会に貢献しようという息吹はほとんどない
・他宗教の冠婚葬祭には参加できない
・クリスマスも楽しめない
といったところでしょうか。
 
一言で言えば、エキセントリックな末端(アホ幹部含む)が問題になるのが創価学会、中心がカルトそのもののエホバの証人、と言えると思います。
 

【困難に直面した時】

創価学会

信心強盛な創価学会の会員は困難に直面した時、「よっしゃこっからだ! 必ず変毒為薬してみせる! 同じ苦しみを味わっている人たちの希望になってみせる! 打ち勝つ姿を持って仏法の凄さを証明してやる!」とむしろ奮い立ちます。
もちろん人間ですから弱くなる時もありますけどね。
でもまた、日蓮大聖人の御書や池田先生の指導を読んで、南無妙法蓮華経と唱える中で力を得、強くなって立ち向かっていきます。
その中でなんらかの形で結果を出し、人間としても成長していきます。
私の理解では、それが「人間革命」ということです。
 
・参考:創価学会公式サイト|変毒為薬
 

エホバの証人

エホバの証人は、困難に直面すると、全てを神に任せ、慰めを得るために聖書を読みます。
地上のパラダイスにはそのような困難はないのだから、と。
(たぶん)挑戦はしません。苦闘もしません。
 
・参考:ものみの塔オンライン・ライブラリー|エホバの力から慰めを得る
 
私としては、大変歯がゆい!
一緒に頑張ろうぜ! 未来は自分の手で変えられるよ!
 
一言で言えば、現実の変革と人間的成長を目指すのが創価学会、現状に甘んじて慰めを求めるのがエホバの証人、と言えると思います。

障害にも意味を見出す

今日お会いしたクライアントは、生まれつきの障害を持つ方でした。
詳細は書けませんが、障害に負けず、むしろそこに意味を見出す生き方を、信心で獲得されておられました。
これが仏法の凄さであり、創価学会の強さだなぁと思います。
 
障害があるかどうかと、幸せに生きられるかどうかは関係ありませんね。
「人を強くする宗教」の真骨頂と思います。