近況報告

全然更新していませんでしたが、ひょんなことからコロナ関連でものすごく忙しく、かつ責任の重い状態になってしまいました。
(学会的な立場で、ではなく、世間的な意味において、です。)
全然労力に見合わない報酬で、注目も浴びてしまう、そんな感じです。
人生で一番忙しく働いていて、全然題目も上がってなかったんですが、すべて「社会をよりよくするため」「広宣流布のため」「自分の修行(自分の人間としての成長)のため」と思っていて、すべての作業を祈る気持ちでやろうと意識しています。

でも、やっぱり題目上がってないと行き詰りますね。
どうしたもんかと思っていた課題を抱えたまま、ご本尊の前に正座して唱題したら、すぐにどうしたらいいか分かって、感動しました。
人間、どうせいつか死ぬわけですけど、こうやって苦しみながら少しずつ階段を上りながら精いっぱい生きて、次の生へと向かう中に成長と本当の意味での安穏があるのだろうと思います。

出家して仏法を追求する道もあると思いますが、在家の立場でこうして現実と苦闘しながら仏法を実践する中でしか得られない境涯というものはあるだろうと思っています。
死ぬまで頑張ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*