コロナ禍|心象記録1

新型コロナ感染症、やばいですね。
うちに来るクライアントが1/3くらいになって、売り上げも全然立たなくなって、ただでさえ厳しい経営が、このままではすぐに倒産してしまうぞ、というところまで来てしまいました。
クライアントの生活も、どんどん破壊されて行っています。

公明党の頑張りで、変な制限がかからずに、一律で10万円が配られるということになりましたが、当然ながらそれで解決するほど問題は単純ではありません。(ただ、うちのクライアントから「公明党に入れて良かった!」という声が出ていて、良かったなぁとは思っています。)

反転攻勢に出るために、あるプロジェクトを立ち上げて、取り組んでいるところです。
もうひとつ、1年くらい前から取り組んでいることが実を結べば、かなり楽になるかもしれません。

例によって「広宣流布のために、この絶体絶命の機危機を乗り越えて、体験発表のネタにしてやるぜ」という気持ちで取り組んでいますので、きっとどうにかなると思っていますが、さてどうなるか。
うまくいってからでは「どうなるかな」という不安な文章が書けなくなるので、今から時々書いておこうと思います。

週一で聖教新聞の配達をしています

毎日深夜まで働いている僕ですが、2019年の12月から日曜日の聖教新聞の配達をしています。
配達をする人がいなくなったという話を聞いて、他に若い人もいないので頑張って自分がやろうと思った次第。
どうせやるなら福運バッチリいただきたいですから、次のことを心がけるようにしています。

  • 「広宣流布の為にやっているんだ」ということを絶対に忘れないようにする
  • 「義務」でやらない。「仕方なくやっている」などと思ったら最後。愚癡が出て福運を消してしまう

1つ目と2つ目は表裏ですね。
心の底から1つ目が肯定できてないと、2つ目が達成できない。
愚痴が出てこないように、小さな声で題目を上げながら配達しています。
どうせやるなら最大効率で福運ゲットしたいですからね。

で、配達を始めた翌日に、毎日悩んでいたことがいきなり解決の方向に行ったので、本当に驚きました。(今月で決着がつくので、決着がついたら詳細について書くかもしれません。)

コロナですべての会合がなくなって久しいですが、会合がなくても毎週福運がコンスタントにゲットできるので、こりゃいいなぁと思っています。運動不足の解消にもなるし。今日も超睡眠不足ですが、配達行ってきました。これからも頑張ろうと思います。