ヴァイオレット・エヴァ―ガーデンの上映会に行ってきました

 ヴァイオレット・エヴァ―ガーデンの11~13話の上映会に行ってきました。
これからここに書くことは、当然ながら創価学会のオフィシャルの見解でもなければ、池田先生のご指導でもありません。
ただの個人的な意見ですし、学会の会合でこんな話をしても「何言ってんだろう」って思われるに違いない、理解できなくてバカにしちゃう人もいるかもしれない、でも一部の人は寄り添ってくれるだろう、そして「仏法ならこういう解釈も可能なんじゃないか」、そんな話です。
 
 「一念三千」という法理があります。
(詳しくはこちらをご覧ください)
本来は非常に難解な概念で、私自身もとても理解したとは言えないのですが、上のサイトの解説を借れば、
 
・私たちの一瞬一瞬の生命に、この全宇宙がおさまる
・自身の一念は、三千の諸法に“あまねく、広くいきわたる”
→要するに、瞬間瞬間の我が生命に“無限の可能性”が秘められている
 
ということです。
「空」、または「縁起」ということもできるかと思います。
 
 ヴァイオレット・エヴァ―ガーデンの第13話で、少佐の母が「あの子は心の中で生きている」と言っていました。
私は「一念三千」という観点から、それを観念でもなく、慰めでもなく、ほとんど事実に出来ると思っています。
私は親友をうつ病で亡くしました。(彼が病気だったと知ったのは、亡くなった後でした)
本当に悔しくて、何日間か泣きました。
でも今は、生死に執着してはいけない、彼は自分の心の中に、その行動の中に生きている、またそうしていく責務がある、と思っています。
 
 同じようにアニメ作品そのものも、ヴァイオレットも、少佐も生きていると思うんです。
自分が彼女たちに薫発され、身近な一人一人の(そしてその先に世界の民衆の)幸せのために奔走し、生きて生きて、そして死んでいく中に彼女たちの生きた証ができ、彼女たちが生きたことにも、自分が生きたことにもなるのだろう、そう思っています。
 
 白状すれば、私は医師です。
医師という職業は、自分の至らなさで人が死んでいく職業です。
私も、自分の未熟さのせいで、自分の患者さんを傷つけたり、早く死なせてしまったりしました。
それがいやで、自分なりに頑張って研鑽し、努力もしていますが、それでも当然ながら世界最高の医療を提供することも、ミスを完全になくすこともできません。
逃げたい気持ちもあります。
それでも、私を頼ってくれる患者さんもいます。
 
 第9話の、社長の
「してきた事は消せない。
でも、キミが自動手記人形としてやってきた事も、消えないんだよ」
という言葉を抱きしめて、明日からまた頑張りたいと思います。
親友や、自分を支えてくれる多くの作品やキャラクターとともに生き、その生きた証を残すために。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*