自己肯定感と折伏

自己肯定感とは

最近「自己肯定感」という単語をよく見かけるようになりました。
「自己肯定感」は、「自分は大切な存在である」という感覚。
これが低いと自信のなさ、傷つきやすさ、学習や労働に対する意欲の減退、生きづらさなどにつながってしまいます。

「無明」とは

「『無明』とは、万人に仏性が具わることへの無知であり、不信です。」(「御書の世界3」より抜粋)
「万人」には当然「自分自身」も含まれます。
「自己肯定感」が低い人は、「自分にも『仏性』がある」と信じられないことも多いだろうと思います。

自己肯定感の一般的な上げ方

自己肯定感、持っていますか? あなたの世界をガラリと変える、たったひとつの方法 水島広子 著」等を読むと、
 
1. いろいろな人をよく観察して、
2. 「頑張っていない人など一人もいない」ということをよく理解して、
3. 「それならば自分も頑張っているに違いない」と類推していくことで、自分を認め、肯定していく感覚を養うという訓練法が書かれています。
 
なかなか大変ですし、時間もかかるだろうと想像しますが、水島先生が専門にされている「対人関係療法」は世界中で実践されているエビデンスのある治療ですので、効果は多くの方であるのだろうと思います。

折伏と自己肯定感

「万人に仏性がある」と信じ抜けない「無明」と戦って折伏相手を尊敬し抜き、人間として成長していく・強くなっていくのが折伏であり、この信仰です。
万人の仏性を信じ、尊敬する戦いは「自分にも仏性がある」と信じられるようになることに直結します。
当然、自己肯定感は大幅に上がるだろうなと思いました。
 
さらに自分の苦しみの肯定的な意味(この苦しみを乗り越えて、同じ苦しみを持つ人の希望になるという誓願)を持つことができれば、受け身の人生から能動の人生に大きく変革ができ、生きづらさはかなりの部分減らすことができるだろうなと思います。
その先に「生きているだけで楽しい」という「衆生所遊楽」の境涯も開けるのでしょう。
 
人生の意味・目的までカバーしているからこそ、この仏法は悩める人を力強く助けることができるのだろうと思います。
また「仏法」という軸があれば、対人関係療法などのツールも正しく、より効果的に利用できるに違いありません。
 
この仏法の信仰によって、自己肯定感は大きく育むことができる、そう思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*