第41回「SGIの日」記念提言を読みました。

第41回「SGIの日」記念提言 「万人の尊厳 平和への大道」が掲載されています。
今回の提言で強調されているテーマは「人権」「環境」「平和」と感じました。

人権という概念自体、無我を説く仏教とは相いれないなどという言説もあるそうですが、創価学会では「人間の生命は無上の宝」という部分が強調されており、人権思想との齟齬は全くありません。
 
 
 
提言の中で、2013年に、創価学会インターナショナル(SGI)がアムネスティ・インターナショナル、人権教育アソシエイツなどほかの団体とともに「人権教育2020」という市民社会ネットワークを立ち上げたことが紹介されていました。

簡単に調べて見つけられた日本語の文献は、これだけでした。残念。
INPS Japan|人権教育を推進するHRE2020

本家サイトはこちら。HRE2020 Grobal Coalition for Human Rights Education
人権教育がより円滑に進められるよう、市民社会からサポートするための組織のようです。
大変大事な取り組みだと思います。
 
 
 
「環境」「平和」についても、単に「地球を大事にしましょう」とか「戦争は良くない」とか言ってるのではなくて、より具体的に、どうしていくことで環境問題、戦争を解決の方向へ向けていくのか、そのためにSGIとしてどう取り組んでいくのか、ということが明解に書かれています。
会員もアンチの方も、必読の内容と思います。
なぜアンチの方はこんな大事なものを読んで下さらないのでしょうか。(長いからしんどいのかな……。)

私の考える正しいアンチのあり方は「池田大作はこう言ってるのに、お前ら全然やってることが違うじゃねぇか! 『徹して一人一人を大切にする』んじゃねぇのか!」です。もう、どんどん言ってやって。
 
 
 
私は「SGIの日」記念提言にこそ、池田思想の真髄が垣間見えると思っています。
仏法を単なる観念論で終わらせるのではなく、問題に即して、「日蓮仏法らしく仏法的智慧でどう世界を変革していくのか」という現代的展開の一つの模範解答がここにある
ように思います。

池田先生がご存命で、その模範解答をオンタイムで拝読することができ、人権問題・環境問題の解決に向けて、その実践の一端を担わんと努力できるということはとんでもない幸せなことだなと、この記事を書いていて気づきました。(遅い)

本当に幸せなことに、(本業ではありませんが)人権問題、環境問題の改善につながりそうな仕事に関われています。
明日からまた頑張ります。
この人生を使って、ほんのわずかでも、世界を良くしてみせます。そういう決意です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*