「ものみの塔」という組織の欺瞞

調べ物をしていて、ふと行き当たった記事。
司法教育に関するべテルの偽善(12年前に投稿した文章)|弁護士による「エホバの証人」観察ブログ
多くの信者に大学へ行かないよう勧めておきながら、一方で弁護士の育成だけは熱心に進めているという話。
訴訟が多いから弁護士がたくさん必要、ということなのでしょうか。
大多数の信者を扱いやすい無知な状態にしておいて、いざというとき(もしかしたら対外部だけでなく、対内部の法廷闘争?)のための武器は手に入れておこう、という組織のエゴのように見えてしまいます。
ベテル奉仕者(創価学会で言うところの本部職員と言っていいと思います)になるために全てをなげうつ人が多くいる一方、実際になっている人は学歴とコネでなっている、という話も出ていて、とても切ない気持ちになります。

私には何人か創価学会の本部職員の友人がいますが、少なくとも私の知る限り、「本部職員になるためなら全てをなげうっても悔いのない『あこがれの』職業」などというものではないように思います。
(私の個人的な見解では)一種の出家であって、重い責任と覚悟を必要とするのは確かですが、「あこがれ」感は全くないです。
創価大学出身の優秀な学生、信仰心の篤い学生が本部職員になっていくイメージ。
それが完璧というわけでもないかもしれませんが、比較的望ましい組織の在り方かなと思います。

私が話をさせていたエホバの証人の方々は皆さん真面目で優しい人ばかり。
その信仰自体が悪であるとは到底思えませんし、素晴らしい部分もあるに違いありません。
創価学会でも、教えには高低浅深の差があるとしていますが、突き詰めていけばみな仏法に通ずると考えています。

それでも、ものみの塔という「組織」が大きな欺瞞を抱えているというのは間違いなさそうに見えますし、それが信者の方々を不幸にしているのであれば、糾弾されてしかるべきだろうと思います。

エホバの証人情報センター保管庫 JWIC.INFO
こちらも参考までに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*