素晴らしい記事

創価学会と会社―戦後日本の都市にあらわれた「二つのムラ」―|タサヤマ|note(ノート)を拝読しました。
創価学園の関西校の卒業生が書いたもの。
1983年生まれとあるから、32才くらい。
つまり著者は私の同門の後輩なんである。私は東京校だったから知り合いである確率はほぼないが…。
 
記事は大変学術的に書かれていて、論文を読みなれていない方には難しく感じられるかもしれない。
しかし非常に理性的に書かれており、好感が持てる。
信仰体験に基づく「感情」は気持ち良く排除されていて、むしろ意地悪に感じられるくらい。
「功徳」に関しては懐疑的なんじゃないかと思える書きぶり。
 
その分、創価学会の外の人には届きやすいだろう。
内部の人は誹謗されたと感じるかもしれない。実際そういう質問もされたようだ。
 
記事を読んで、なぜ創価学会がかつてのように爆発的に会員数を伸ばすことがないのか、その理由の一端を知ることができたように思う。
 
ただ、

「つまり素直に解釈すれば<生活は貧乏なままかもしれないが、しかしその貧しさを分かち合えたり相談したりできる仲間ができたのでこれを功徳と考える>という生活態度を想像することが出来よう 。でもこれ、なんだかおかしくないだろうか。まるで財宝をもとめて冒険の旅に出て、結局お宝は見つからなかったけれど、振りかえってみればこの冒険をすることでえた仲間たちとの出会いこそが最高の財宝だった、みたいな少年ジャンプ的欺瞞を感じないだろうか。しかし彼らがその体験を持って信仰を継続している以上、誰がなんと言おうとそれが「ご利益」なのであるし、それが彼らの「信仰理由」なのである。
 
 つまり一般に考えられているような創価学会の現世利益主義は、入会の契機にはなったかもしれないが、信仰の継続理由ではなかったわけだ。地方から都会にやってきた下層民たちは、創価学会の活動をするなかでお金持ちにはならなかったかもしれないけれど、すくなくとも人間的なつながりは取り戻すことができた。」

というくだりは、やはり創価学会員としては少しだけ引っかかる。
 
もちろん記事に書いてある通り、「素直に解釈すれば」そう読めるかもしれない。
だが、私から見れば、
・経済的なことも解決されたが、人間的成長など、それを越える功徳を得た
・苦しいと思っていた生活が、そのままで苦しいと感じなくなった
のかもしれないではないか、そういう体験談も多いではないか、と思える。
私だって、親のせいで保証人と返す借金とで合計3億円の負債を背負ったが、信心で乗り越えて今は3千万くらいまで負債を減らした。
一般的な価値観では経済的なことが一番の功徳と見えるかもしれないが、私は「今の生き方を得たこと」が一番の功徳と思っている。
 
「入会した理由」の回答は複数回答可なのに、「御利益」は一つしか選べない、という設定なのもよくない。
(彼の研究ではないから、彼に瑕疵はない。)
 
しかし一方で、彼のように書いてしまった方が外部にはウケがいいのは分かる。
少なくとも、学術的には彼のように読むのが「素直」だろう。
また、「創価学会=現世利益主義」というテンプレ批判に対する答えとしては、つけ入る隙を与えていないという点で素晴らしい。
 
記事に書かれている通り、学会がムラを作ったというのは本当だと思う。
また活動の中で、いい面も悪い面も含めて、ムラ的メンタリティが残っているなぁと感じる時もある。
 
彼は安保法制にも反対であるようだ。
(かく言う私も立憲主義に反する言説には反対である。)
いろいろな意見が出てこないような組織は硬直化し、必ず滅びる。
彼にはもっともっと頑張っていただきたい。
組織は人が作っているものである以上、完璧であることなどあり得ない。
常に刷新されていかなければ、淘汰されてしまう。
 
このような記事が、創価学会内部的にはエリートとされる学園生によって書かれていることに注目していただきたい。
「広く学び、自分の頭で考える」ことを教育されてきたからこそ、このような記事が書かれている。
創価学会を洗脳集団のように言う方をたまに見かけるが、それは現状を正しく認識していない妄言であると断じることができる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*