エホバ対策サイトの一つ

「エホバ 聖書 違い」で検索して、エホバの証人 統一協会 対策香川ネットさんのサイトを見つけました。
かなり古そうなサイトですが、訪問者が僕で5530人目って…。
もったいないなぁ。

このサイトによると、ものみの塔は、1969年に「ギリシャ語王国行間逐語訳聖書」というのを発刊していて、これは今でも(?)エホバの証人の方にお願いして注文すれば取り寄せることができるそうです。
この聖書は比較的聖書に忠実に訳しているそうで、これと比較することで、エホバの証人の方々持っている聖書が意図的に「改ざん」されてしまっていることが分かるそうな。

その他にも、なんでエホバの証人になったらダメなのかとかを端的に書いておられます。
ちょっとエホバの証人について勉強し、中の人と話しただけの僕ですが、まぁそうだよね、という内容。

中の人をいかにスムーズに、納得してもらったうえで抜けさせるか、という点については、まだまだ研究が必要な気がします。
結局のところ人間は感情の動物ですからね、理屈で破折するだけじゃダメなんです。
関係が悪くなるような言い方は絶対にしてはいけないですし。
相手が防衛線を張っていない、明後日の方向からすとんと相手の懐に飛び込めるようになるにはどうしたらいいのか…。
相手の幸せを思う祈りから始めなければ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*