エホバの証人と高等教育

駅前のエホバの証人の方に聞いた内容です。
やはりエホバの証人では、高等教育を否定しているようです。
「何のために行く必要があるのか」
「それが神に求められているのか」
みたいなところで「行く必要がないし、推奨はしない」というスタンスだそうです。
 
でもそれでは若い人の才能が伸びずにつぶれてしまうのでは、と聞いてみましたが、
それは気にされていないようでした。
まぁもうすぐハルマゲドン、と考えていたらそうなるかもしれませんよね。
気持ちは分かる気がします。
 
「大学に行くと組織から離れてしまう人が多いから行かないことを推奨している」という見方をしている人もいるが、と伺ったところ、
「誘惑が多いですし、実際そういう事例もあるので」とのこと。
 
実はこの考え方、エホバの証人の高校生には結構魅力的だと思うんですよね。
「競争社会の中であくせくしなくても、生きてはいける。
エホバの証人にはそうして生きている人がいっぱいいる。
頑張って受験勉強などしなくていい。」
そりゃ楽でしょうね。
でも、それじゃダメなんです。
 
お金が稼げる稼げないの話ではないです。
研究者なんてみんなお金ない。
お金が目的じゃないし、競争するために大学に行くわけじゃない。
いい会社に行くために大学に行くわけでもない。
だいたいその「いい会社」ってのがあと30年先に続いているかなんて、誰にも分らない時代になっています。
 
そうではなくて、力を付けて、人の役に立てる人材になるために行くんです。
 
エホバの証人の皆さん、高等教育は受けましょう。
広く世の中を知り、自分の頭で考える訓練を受けるべきです。
歳をとっていたって関係ありません。
 
私のクライアントは80歳を超えてなお、創価大学の通信教育で数学や日本の政治学などを勉強をされています。
創価大学には宗教教育はありませんし、年配の方も多く勉強されているという伝統がありますが、抵抗があるなら他の大学の通信教育でもいいでしょう。
放送大学だってあります。
 
無力では人は救えません。
人の力になることはできません。
いざというとき、それはものすごく、ものすごく辛いことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*