池田大作本仏論

創価学会員って池田先生を拝んでんじゃないないの?的な勘違いが結構されているというのを知って大変びっくりした今日この頃。
Wikipediaで、「池田大作本仏論」というのをかつて唱えた幹部たちがいたというのを知りました。
それが、反逆者として創価学会員には超有名な、あの福島源次郎氏と山崎正友氏。
 
Wikiの記述を信じると、どうもそれのせいで「一部信者が暴走、言論出版妨害事件や宮本顕治宅盗聴事件などの事件を起こし社会問題化すると同時に、宗門である日蓮正宗との軋轢を招いた。」とのこと。
池田先生はそれを受けて、「代々の会長を神格化などしてはなりません」「私などを絶対視してはならない」「私自身、罪業深き、過ち多き身であることをよく知っております」と聖教新聞上に書かれたとのことですが、まぁ本当にひどい話。
 
市丸さんという方が福島についての記事をブログに掲載されていました。
「副をはずせば」
福島源次郎が池田先生の会長勇退の直接の引き金を引いていたという。
調べてみたら結構有名な話みたいですね。
 
その後福島氏は創価学会を脱会してマスコミに諫言の書的なものを載せたりしていた様子ですが…。
創価学会に迷惑をかけ、世間に勘違いされる因をまき散らし、その後反逆し、恩を仇で返した上に聖人ぶって(私から見るとウソ・誇張に過ぎる内容の)諫言とか、ちょっと理解できません。
もしかしたら演技性パーソナリティ障害だったのかも?
診断はともかく、そういう人たちのせいで勘違いされている面もあるんだなという点は、皆さんに知ってもらえたらなと思います。
「亡くなられた方を悪く言うな」という方もおられるかと思いますが、今も世間から勘違いされるという実害が出ていることを考えると、書かざるを得ません…。
まぁ、ぶっちゃけ「死んだらそれまでの悪行はすべてチャラ」という発想にもちょっと同意できないんですけども。
じゃぁヒトラーもいいんですかと。
ヒトラーがだめなら、どこからがダメな境界線なんですかと。
その境界線の根拠は何ですか、とかいいだすと、「だから創価学会のやつは」とかいわれちゃうんでしょうか。
大丈夫です、どっちかというと学会員も「死んだらチャラ」派が多いような気がします。
私が面倒なやつなだけです。(苦笑)
 
全ての人に仏性はあると思っていますが、亡くなっても悪行は悪行と個人的には思います。
ダメですか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*