従藍而青(じゅうらんにしょう)

池田先生はよく創価学園でのスピーチなどで「青は藍より出でて藍より青し(従藍而青)」ということを言われていました。
当時はなんとなく「ふーん」とか聴いてましたが、今思えば、「お前ら、俺を超えろよ?」って言ってたんだなぁと思って自分の浅はかさにがくり。
 
よく池田先生をカルト教団の教祖みたいに言う人いますけど、不特定多数の弟子に向かって「自分を超えろ」って言い続けるカルト教団の教祖っているんですか?
私はそういう例を知らないです。
カルト教団の教祖って自分を絶対視させようとするんじゃないの?
いや、今日はその話じゃない。
 
がんばって、一部でも池田先生を超えないと弟子としては師匠の言いつけを守らなかったということになるわけで、なんとか(できればご存命のうちに)行けるところまで行きたいなと思っています。
具体的にどうすんの、というところはかなりあやふやですけど…。
 
ちなみに、主に裏切り者たちが創価学園のことを創価学会の教義でマインドコントロールする場所みたいなこと言ってたりしますが、私はほとんどあの場で宗教教育を受けていません。
最近聞いた話ですが、学園の先生たちも、忙しすぎて創価学会の活動には全然参加してないことが多いようです。
 
あの場所は洗脳するための機関とか、そういう場所ではありません。
世界をよりよくするために、この青春をかけて勉強しよう、本を読もう、そういうことを学生たちが堂々と語りあい、切磋琢磨しているところです。
自分のために「成功しよう」とか「儲けよう」とかいうやつは恥ずかしいやつだ、という共通認識が持たれています。
一宗一派のための教育機関ではありません。
池田先生が学園で創価学会の話をされたことは、私の知る限り1度もありません。
私の母校を貶さないでいただきたい。
あぁ、今日はその話じゃない。
 
えぇと、私の従藍而青は宗教的なことではなく、もっと現実社会の改善にダイレクトにつながるものになるかも、ということでした。
形にして先生にご報告しやすいですし。
がんばろう。
がんばれ、自分。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*