宗教批判を見かけました

まあ聞いてくれ。信仰心などはじめからなく、純粋に飯を食う為だけに聖職者となった人間からのアドバイスだって記事を読みました。
いろんな角度から批判はできると思いますが、根本的にはやはり人を強くする宗教か、人を弱くする宗教かって話ですね。
慰めを与えて楽な気にさせてあげる、ってのも大事かもしれませんが、それだけじゃ人間は弱くなっちゃいますよね。
「この苦難を乗り越えて、他の同じ苦労をしている人に希望を届けよう」って思ったら強くなりますよね。
後者が仏法者の「誓願の祈り」なわけですが、それを知らないのはかわいそうだな、と思いました。
僕からは以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*